インクジェットプリンタ詰め替えインク 株式会社ダイコー(八王子市)daiko2001.co.jp

ダイコーTOPページへ
ダイコー買い物カゴ
ダイコーご利用ガイド
ダイコーお客様ページへ
ダイコー最新ニュース
ダイコー会社概要
ダイコー会社地図PDF
ダイコーメルマガ登録
ダイコーお問い合わせ
 TOPページ>>CISUインク連続供給システムについて







▼EPSON詰め替えインク▼
EPSON詰め替えインクTOP
▼CISUインク連続供給▼
CISUインク連続供給説明
▼お手軽連続供給のご紹介▼
▼EPSON用CISU連続供給▼
EP-IC*50-EP-301編
EP-IC*50-EP-801A編
EP-IC*50-EP-302編
EP-IC*50-EP-802A編
EP-IC*50-EP-803A編
EP-IC*50-EP-704A編
EP-IC*46-PX-101編
EP-IC*59-PX-1001編
連続供給トラブル解消法
▼Brother用CISU連続供給▼
BR-LC12/17連続供給
▼CANON用詰め替えインク▼
CANON詰め替えインクTOP
▼hp用詰め替えインク▼
hp詰め替えインクTOP
▼Brother詰め替えインク▼
Brother詰め替えインクTOP
▼サポート/Q&A▼
詰め替えトラブル解消法
詰め替えインクQ&A
サポート専用フォーム
▼詰め替えインク商品紹介▼
詰め替えインク商品一覧

Brother(ブラザー)LC12/17用お手軽インク連続供給
簡単出力!コスト削減!インク連続供給バルクシステム!

■お手軽連続供給の保証期間
お手軽連続供給の保証期間はプリンターに装着された段階より1週間以内の初期不良のみ交換致します。
尚、お手軽連続供給に充填済みの初期インクが無くなった後、詰め替え時に発生したトラブルに際しましては、
当店でサポートは行いますが、交換等は一切行いませんのでご了承下さい。
あくまでも消耗部材とお考え下さい。


商品名:CISUお手軽インク連続供給
Brohter MyMioシリーズ
LC12/17 大容量タイプ(ビッグタンク型)

商品番号:CISU-023
通常販売価格6,200円のところ
在庫処分価格2,600円(税込)
26ポイント還元


■対応カートリッジ
LC12BK/LC12C/LC12M/LC12Y
LC17BK/LC17C/LC17M/LC17Y

■対応機種
⇒2013年モデル(2012年秋発売)
DCP-J940N-B/W / DCP-J740N / DCP-J540N / MFC-J840N / MFC-J960DN-B/W / MFC-J960DWN-B/W
MFC-J710D/DW / MFC-J810DN/DWN / MFC-J860DN/DWN / MFC-J6510DW

⇒2012年モデル(2011年秋発売)
MFC-J955DN/J955DWN / MFC-J825N / MFC-J705D/J705DW / DCP-J925N / DCP-J725N / DCP-J525N

⇒2012年モデル(2011年秋発売)
MFC-J6710CDW / MFC-J6510CDW / MFC-J5910CDW

   

※ご注意-必ずお読み下さい。
上記機種はカートリッジ番号より推測すると対応は全て出来ますが、連続供給やその他トラブルの際
FAX複合機など業務用で使用している場合、トラブル保証は一切弊社では行いません。
免責事項を十分良く読み導入をご検討下さい。
http://www.daiko2001.co.jp/info/disclaimer.html

■カラー
ブラックBK/シアンC/マゼンタM/イエローY

■セット内容
□本体×1 □クリップセット×1 □日本語解説書×1
□ピストンスポイト×1本

※連続供給に必要なものはすべて収納されております。

■注意-必ずお守り下さい
こちらのお手軽連続供給を使われて、インクが無くなった場合、再補充には必ずお手軽インク連続供給用
専用染料インクをご購入頂きご使用下さい。
http://www.daiko2001.co.jp/product/other/pro-cisuink1.shtml

■連続供給の保証期間内でも次の場合は保証対象外となります。
・不具合発生品のインク残量が0または0に等しい場合(この場合は製品が不良で交換をする場合でも
インク代金はお客様にご負担を頂きます。)
・不具合発生品を当方が調査した結果、同一現象が確認できない場合
・お客様がご使用のプリンターに対し、定期的なメンテナンスを行っていない場合
(数週間に一度のヘッドクリーニング及び、プリンターの稼動など・・・)



■Brother用お手軽連続供給MymioシーリズLC12/LC17
導入事例:Mymio DCP-525N
まず始めに、空気穴(小さい方のゴム栓)を
開放して空気を確保します。

注)空気穴は必ず開放して下さい。

※右側のくぼみが収納する穴となります。
次に外部タンクのエアー部分に溜まった空気を
移動します。

画像のように前側に大きく倒して数秒間空気の
移動をお願いします。

その際、外部タンクに充填されているインクを
見ているとポコポコとインクが移動しているのが
分かると思います。
カートリッジをプリンターにセットします。

最初から互換カートリッジを使用することが
出来ますので、純正カートリッジを使用しなく
ても大丈夫です。

但し、先にプリンターの電源を入れておいて
下さい。
カートリッジを認識させるコツは左の
ブラックBK⇒イエローY⇒シアンC⇒マゼンタM
の順に入れていき、認識させるように
ゆっくりとカチッと言うまで装着して下さい。
うまくチューブを引き回してプリンターの
カートリッジカバーを閉めても問題あり
ませんが、ビニールチューブが潰れる事が
インクの流動性を制限し良くありません。

カートリッジカバーの下側が2点ではまって
おりますので、プリンターの前側を浮かせて
割らないようにカバーを取り外します。
下側のはまっている部分を外して
上側の右側を重点的にフタを閉めるように
はめて下さい。
印刷時にフタが開いてしまう恐れもあります
ので、剥がしやすいように養生テープや
セロハンテープなどで補強します。
最後にビニールチューブ内の空気を付属の
ピストンスポイトを使用して抜いて下さい。

方法は、空気孔にピストンスポイトを
差し込み、スポイトを引いて空気を抜いて
下さい。スポイトを引くとカートリッジ側から
タンク側に向って、インクと溜まっていた
空気が逆流します。空気はタンクの中に
戻ると上部へ泡となって上がります。
引いた分タンク内のインクがカートリッジに
向って戻りますので、空気を抜く事が
出来ます。
完成です。
全てのセットが終わりましたら、
テスト印刷やプリンターの設定画面
でヘッドクリーニングを行ってから
ご使用下さい。



モニター上の色味の違いにより、実際と多少異なって見える場合がある事をご了承下さい。

戻るトップページ買い物方法買い物かご特定商取引の表示免責事項お問い合わせ

このサイトで使われているデザイン、写真、文章を無断で転載・記載することを禁じます。 株式会社ダイコー管理責任者 大野 裕史 (オオノ ヒロシ)
ご意見/ご感想/ご質問/お問い合わせは、
daiko@daiko2001.co.jpまで
Copyrighi(C) 2016 http://www.daiko2001.co.jp ALL RIGHTS RESERVED