インクジェットプリンタ詰め替えインク 株式会社ダイコー(八王子市)daiko2001.co.jp

ダイコーTOPページへ
ダイコー買い物カゴ
ダイコーご利用ガイド
ダイコーお客様ページへ
ダイコー最新ニュース
ダイコー会社概要
ダイコー会社地図PDF
ダイコーメルマガ登録
ダイコーお問い合わせ
 TOPページ>>EPSON (エプソン)用詰め替えインク/リフィルインク






カテゴリー
EPSON大判プリンター(プロッター)用カートリッジ詰め替え方法


■重要―ご購入前に必ずお読み下さい。
大判プリンターの場合、プリンターが高額な為幅広い十分な実験を行っておりません。
国内・海外の詰め替えインク研究者の情報、弊社プロッターユーザーのお客様の情報を基に
対応機種などの掲載をさせて頂いております。弊社商品はあくまでも部材の提供と割り切りさせて
頂きますので、この商品に関してはお客様の研究がもっとも必要となります。

弊社で行えるサポート及び把握している情報は全て購入されたお客様にご提供させて頂きますが、
弊社商品を使った場合のプリンター本体のトラブル及び印刷結果に関しましてはいかなる場合でも
弊社では一切保証致しません。あくまでも自己責任で使用及び対応をお願い致します。

大判プリンターの詰め替えに関しては詰め替えインクを十分熟知したお客様にオススメ致します。

IC*38/39大判プリンター用カートリッジ詰め替え方法

大判用カートリッジは非常に簡単に詰め替えを行うことが出来ます。
昇華型インクなど特殊インクをお使いなる場合は大判プロッター用のバージンカートリッジをご使用下さい。
純正及びバージンカートリッジへのインクの詰め替えは共に下記の説明を参照下さい。

【大判プリンター対応機種】PX-7500/7500S/9500/9500S

カートリッジ型番:IC*38(内容量110ml)/IC*39(内容量220ml)

【必要な道具】
□詰め替え補充インク(該当するカラー)100ml以上必要
□ピストンスポイト20cc
□大判プリンター用IC初期化リセッター Large Printer Reset-2
□プラ針(小)(詰め替えキットNo11)



■IC*38/39大判プリンター用カートリッジ詰め替え方法
まず、初めにプラ針先端の1節をハサミで
切り落とします。

次にプラ針(小)をつけたピストンスポイトで中に
残留しているインクをすべて吸い出します。

※中にインクが残ったままインクを注入し容量に
対して入れすぎてしまった場合は、内圧が高くなり
インク漏れの原因になることがありますので、
インクを必ず吸い出して下さい。

また、他の方法として新品時のカートリッジの重さを
基準にして補充する容量を目安にして下さい。

※左記画像はICBK38(内容量110ml)の重量と
なります。満タン時約244g
注入容量:110mlもしくは220mlをピストン
スポイトで量ってプラ針(小)をつけたピストン
スポイトで注入します。

この際1ml〜2ml多めに入れて下さい。
噴出口が上になるように立てたカートリッジに
インクが入っていない状態のプラ針(小)をつけた
ピストンスポイトを差し込み、多めに入れた分の
インク1ml〜2mlを抜きます。

この際に空気が一緒に抜けてくる事があり、
それが空気抜きとなります。
インクを注入してカートリッジの空気を抜き
終わりましたら、ICチップを初期化して下さい。

このICチップを初期化しないと、インクを
カートリッジに補充してもプリンターがインクを
認識してくれません。



モニター上の色味の違いにより、実際と多少異なって見える場合がある事をご了承下さい。

戻るトップページ買い物方法買い物かご特定商取引の表示免責事項お問い合わせ

このサイトで使われているデザイン、写真、文章を無断で転載・記載することを禁じます。 株式会社ダイコー管理責任者 大野 裕史 (オオノ ヒロシ)
ご意見/ご感想/ご質問/お問い合わせは、
daiko@daiko2001.co.jpまで
Copyrighi(C)2000-2019 http://www.daiko2001.co.jp ALL RIGHTS RESERVED