インクジェットプリンタ詰め替えインク 株式会社ダイコー(八王子市)daiko2001.co.jp

ダイコーTOPページへ
ダイコー買い物カゴ
ダイコーご利用ガイド
ダイコーお客様ページへ
ダイコー最新ニュース
ダイコー会社概要
ダイコー会社地図PDF
ダイコーメルマガ登録
ダイコーお問い合わせ
 TOPページ>>hp (ヒューレット・パッカード)用詰め替えインク/リフィルインク






▼EPSON詰め替えインク▼
EPSON詰め替えインクTOP
▼CISUインク連続供給▼
CISUインク連続供給説明
▼CANON詰め替えインク▼
CANON詰め替えインクTOP
▼hp用詰め替えインク▼
hp詰め替えインクTOP
hp15/40/45 Black
hp78/17/23 Color
hp56/57/58 Black/Color
hp機種-【対応表】
hp機種その他-【非対応表】
hpビギナーBOX-ECO
 ├BB-ECO-Type-H1
 ├BB-ECO-Type-H2
 ├BB-ECO-Type-H3
 └BB-ECO-Type-H4
▼Brothe詰め替えインク▼
Brother詰め替えインクTOP
▼サポート/Q&A▼
詰め替えトラブル解消法
詰め替えインクQ&A
サポート専用フォーム
▼詰め替えインク商品紹介▼
詰め替えインク商品一覧

hp56 / 57 / 58 / 27 / 28 カートリッジ詰め替え方法


■詰め替えに必要な道具

□詰め替えインク-染料/顔料 各色15ml以上 □ピストンスポイト5cc(詰め替えキットNo.0)
□hp専用空気抜き-C型 □丸テープ(詰め替えキットNo1)

■対応機種型番
⇒ブラックカートリッジBK
hp27 / hp56 / hp131 / hp130 / hp129

⇒カラーカートリッジ(シアンC / マゼンタM / イエローY)
hp28 / hp57 / hp135 / hp134 / hp136

⇒フォトカートリッジ(フォトシアンPC / フォトマゼンタPM / ブラックBK)
hp58 / hp138

■詰め替えに必要な道具は下記のURLよりお選び下さい。↓
 http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/product-top.shtml

■詰め替えが初めて(初心者の方)はこちらのセット販売をオススメします。↓
 hp用ビギナーボックス−Type-h1 / h2

 http://www.daiko2001.co.jp/ink/hp/hp-bb.shtml

■hp用56 / 57 / 58カートリッジ詰め替え手順
カートリッジのラベルを外すとインク補充用の穴が
元々開いております。
左側の画像はインク注入口の穴を分かり
やすくするために剥がしましたが、通常の詰め替えの
場合はラベルを剥がさずに、爪楊枝などを使用し
注入口を開けて下さい。
注入口を探す場合は、うっすらと穴が見えますが、
分からない場合はカートリッジのラベルシールを
軽く爪でこすると注入口の形が浮き出てきます。
5つ穴が開いておりますが、hp57 / 28 / 58
(カラー・フォトカラー)のカートリッジは上の
1つと下の2つに妻楊枝を刺して穴を開けます。
画像を参考にして刺す位置を確認して下さい。
また、注入する色の確認は爪楊枝に付着した色を
参考にして下さい。
ブラックのカートリッジも同様です。
注入口5つの内上部3つの穴に黒色が注入された
形跡がありますが、一番上の一つの穴よりインクを
注入すればOKです。

ブラックとカラーカートリッジの注入は注入口が
異なりますが、詰め替え手順等はまったく同じです。
ピストンスポイトに針をつけインクを注入します。

カラーカートリッジ一色の注入量は2.5〜3ml位
ブラックカートリッジは10ml〜15ml注入するのが
ベストです。
カートリッジ内部はスポンジの為、ゆっくり注入する
のがコツです。
また、インクを入れすぎますと中で色が関渉する
恐れがありますので、インクを多く入れるのは
失敗の原因となります。
インクの注入が終わりましたら、開けた穴に
丸テープを貼ります。
貼り付ける際はラベルの周りにある空気取り
入れ口の溝を塞がないように気をつけて下さい。

※この穴は空気穴ですので塞いでしまうと、
印刷のかすれの原因になる恐れがあります。
ご注意下さい。

No8丸テープセット
別売り-hp専用空気抜きC型にカートリッジヘッド部を
シリコンゴムの穴にあわせて押し込みセットします。

hp専用空気抜きC型
次にカートリッジのヘッド側のシリコン部分にピストン
スポイトの針を外してから差込み、カートリッジ内の
空気を抜いて下さい。
空気抜きよりカートリッジを外しティッシュペーパーに
インクヘッドをあてて画像のようにきれいに3本線が
出たら詰め替え完了です。

※ブラックカートリッジの場合は、黒の2本線です。

インクカートリッジをプリンターにセットし、ヘッド
クリーニングを行ってからテスト印字して下さい。
印字がうまく出来ない場合は、再度空気を抜いて
3本ラインがきれいに出るまで繰り返すか、
空気の取り入れが悪い場合もありますので、
画像のようにピン等で小さな穴をあけ、
空気を取り入れてみて下さい。

以上のことを試してもボタ落ちや印刷して色が出ない場合は、また、3本ライン(黒の場合2本ライン)が
うまく表示されない場合は、カートリッジの寿命が考えられます。
サーマル方式のプリンターはヘッドに熱を加えてインクを噴出する為特にヘッドが弱いです。
長期間使用されていないカートリッジや印刷頻度が多い場合、カートリッジの寿命は変わります。
詰め替えがうまく行かない場合は諦めて他のカートリッジを用意し、詰め替えを試してみることを
オススメします。

■補足
インクの入れすぎにより色の干渉が起きてしまった場合は、何枚か無駄に印刷をすれば色が安定する場合も
ありますが、このような場合も他のカートリッジを用意して交換をオススメします。
※インクの入れすぎには十分注意して下さい。



モニター上の色味の違いにより、実際と多少異なって見える場合がある事をご了承下さい。


戻るトップページ買い物方法買い物かご特定商取引の表示免責事項お問い合わせ

このサイトで使われているデザイン、写真、文章を無断で転載・記載することを禁じます。 株式会社ダイコー管理責任者 大野 裕史 (オオノ ヒロシ)
ご意見/ご感想/ご質問/お問い合わせは、
daiko@daiko2001.co.jpまで
Copyrighi(C) 2017 http://www.daiko2001.co.jp ALL RIGHTS RESERVED