インクジェットプリンタ詰め替えインク 株式会社ダイコー(八王子市)daiko2001.co.jp

ダイコーTOPページへ
ダイコー買い物カゴ
ダイコーご利用ガイド
ダイコーお客様ページへ
ダイコー最新ニュース
ダイコー会社概要
ダイコー会社地図PDF
ダイコーメルマガ登録
ダイコーお問い合わせ
 TOPページ>>hp (ヒューレット・パッカード)用詰め替えインク/リフィルインク






▼EPSON詰め替えインク▼
EPSON詰め替えインクTOP
▼CISUインク連続供給▼
CISUインク連続供給説明
▼CANON詰め替えインク▼
CANON詰め替えインクTOP
▼hp用詰め替えインク▼
hp詰め替えインクTOP
hp15/40/45 Black
hp78/17/23 Color
hp56/57/58 Black/Color
hp機種-【対応表】
hp機種その他-【非対応表】
hpビギナーBOX-ECO
 ├BB-ECO-Type-H1
 ├BB-ECO-Type-H2
 ├BB-ECO-Type-H3
 └BB-ECO-Type-H4
▼Brothe詰め替えインク▼
Brother詰め替えインクTOP
▼サポート/Q&A▼
詰め替えトラブル解消法
詰め替えインクQ&A
サポート専用フォーム
▼詰め替えインク商品紹介▼
詰め替えインク商品一覧

hp78/47/41/23/17Colorカートリッジ詰め替え方法


■詰め替えに必要な道具

□詰め替えインク-染料/顔料 各色5ml以上
□ピストンスポイト10cc(詰め替えキットNo.0)
□hp専用空気抜き-B型 □穴あけ手袋/スポイトセット(詰め替えキットNo1)
□丸テープ(詰め替えキットNo8) □プラスチック針(小)(詰め替えキットNo11)

■対応機種(カラー3色カートリッジ)
DesignJet
230/250C/330/350C/430/450C/488CA/650C/750C/750Plus/760/770/
DeskJet
700/710C/720C/815C/815C-SW/840C/845C/850C/880C/895Cxi/930C/948C/955C/955C-AP/957C/957c-ap/
970Cxi/990CM/990Cxi/P1000/1000/1120C/1125C/1200C/1215C/1315/

■詰め替えに必要な道具は下記のURLよりお選び下さい。↓
 http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/product-top.shtml

■詰め替えが初めて(初心者の方)はこちらのセット販売をオススメします。↓
 hp用ビギナーボックスType-h4

 http://www.daiko2001.co.jp/ink/hp/hp-bb.shtml


■hp用78/23/17Colorカートリッジ詰め替え手順
インク注入口はカートリッジの上部にある丸の部分と
なります。
注入口の開け方は、【別売り】穴あけキットを使い
ハンマー等で叩いて止まっている栓をカートリッジの
中に落として開けて下さい。

No1穴あけキット
インクを注入する色の確認は爪楊枝などを注入口に
挿して染まる色で確認して下さい。
インクを注入します。インクカートリッジの中には
スポンジが入っています。このスポンジに針を刺して
インクを注入して下さい。

挿した場所から5mmくらい針を引き上げたところを
インクの注入する高さとします。

※引き上げないで作業した場合、パイプの先に
スポンジが詰まった状態となり、ピストンが押し
戻されるような手応えとなりインクが入りづらいです。


インク注入量は1色5mlくらいを目安にしてスポンジに
インクを染込ませるようゆっくり注入して下さい。

※混色や漏れの原因となりますのでインクの入れ過ぎ
には十分ご注意下さい。

インクの注入が終わりましたら、インク注入口に
【別売り】丸テープを貼ります。

No8丸テープセット
最後に【別売り】hp専用空気抜きB型にカートリッジ
を装着し空気を抜きます。

装着方法はカートリッジのヘッド部分をシリコンゴム
の穴にあわせて押し込みセットします。

hp専用空気抜きB型
【別売り】hp専用空気抜きB型の底面のシリコン
ゴムにピストンスポイトの針を外し、プラスチック針
を装着して差し込みます。大体1〜2mlほど抜き
取れば空気は抜けます。

プラスチック針(小)
空気抜きよりカートリッジを外しティッシュペーパーに
インクヘッドをあてて画像のようにきれいに3本線が
出たら詰め替え完了です。

※ブラックカートリッジの場合は、黒の2本線です。

インクをプリンターにセットし、ヘッドクリーニングを
行ってからテスト印字して下さい。
印字がうまく出来ない場合は、再度空気を抜いて
3本ラインがきれいに出るまで繰り返すか、空気の
取り入れが悪い場合もありますので、画像のように
ピン等で小さな穴をあけ、空気を取り入れて下さい。

以上のことを試してもボタ落ちや印刷して色が出ない場合は、また、3本ライン(黒の場合2本ライン)が
うまく表示されない場合は、カートリッジの寿命が考えられます。
サーマル方式のプリンターはヘッドに熱を加えてインクを噴出する為特にヘッドが弱いです。
長期間使用されていないカートリッジや印刷頻度が多い場合、カートリッジの寿命は変わります。
詰め替えがうまく行かない場合は諦めて他のカートリッジを用意し、詰め替えを試してみることを
オススメします。

■補足
インクの入れすぎにより色の干渉が起きてしまった場合は、何枚か無駄に印刷をすれば色が安定する場合も
ありますが、このような場合も他のカートリッジを用意して交換をオススメします。
※インクの入れすぎには十分注意して下さい。



モニター上の色味の違いにより、実際と多少異なって見える場合がある事をご了承下さい。

戻るトップページ買い物方法買い物かご特定商取引の表示免責事項お問い合わせ

このサイトで使われているデザイン、写真、文章を無断で転載・記載することを禁じます。 株式会社ダイコー管理責任者 大野 裕史 (オオノ ヒロシ)
ご意見/ご感想/ご質問/お問い合わせは、
daiko@daiko2001.co.jpまで
Copyrighi(C) 2016 http://www.daiko2001.co.jp ALL RIGHTS RESERVED